ARM版 Windows10

パソコンの心臓部、CPUの話です。

ARMという種類の、携帯電話やタブレット端末で実績のあるCPUがあります。
Qualcomm社のSnapdragonというCPUです。

先月、米マイクロソフトはARM版Windows10を発表しました。

特徴は、バッテリー駆動時間が一般的なノートPCのほぼ2倍の20時間以上であることです。

現在、MacやWindowsPCのCPUの主流は「Core i7」「Core i5」といったインテル製品です。
次の数年では様変わりするかもしれませんね。